2009年08月15日

ここは

ひとりが寂しい瞬間ってありませんか?
ひとりが無性に寂しく感じる瞬間ってありませんか?
風邪をひいたとき、嫌なことがあったとき、うれしいことがあったとき、誰かに誉めてほしいとき・・・。
こんなとき、誰かがそばにいてくれたら、って。
いえ、誰でもいいわけじゃないですよね。
いちばん好きな人、自分を愛してくれている人、そんな人がそばにいてほしいって。

心を開いて、弱い自分もわがままな自分も安心して見せられる相手。
そばにいてくれるだけで、話を聞いてくれるだけで、それだけでほっとできる相手。
そんな人がそばにいてくれる安心感はかけがえのないものです。
朝も昼も夜も、なにも話さなくても、顔が見えるだけでも得られる安心感。
いつもそばにいてくれるという確信。
それは結婚生活ならではの安心感なのです。

また、仕事から疲れて帰ってきたときに家の明かりがついている安堵感。
それは道に迷ったときに、遠くに揺れる民家の明かりを見つけたときの安堵感と似ているかもしれません。
逆に、大切な人の帰りを待つ幸福感もあります。
その小さな幸せを感じられるのも、一緒に暮らしていればこそなのです。

ひとりぽっちじゃないと思える瞬間。
それはやはり「家庭」というものの持つ暖かさゆえなのです。
この暖かさをあなたも手に入れてみませんか?








・記事抜擢

寂しさはみんなにありますよね?
私もそうです
posted by 韓国デリバリーヘルス at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。